お問い合わせはこちら
ブログトップ

つる首

この包丁の形、何かの形に似てませんか? 

そう!鶴の首、こちらの業界では『つる首』と呼びます。

真っ平らで無い表面が窪んできた砥石で研ぎ続けるとこうなります。

こうなると非常に厄介です。一番凹んだところを基準にして前後を研ぎまくり、削り取る必要があります。

——-

公式HPこちらです!

砥ぎ工房コートハウス公式HP

https://koutohouse.com/

砥ぎ工房コートハウス

〒598-0015 

大阪府泉佐野市高松南2丁目4−2

080-8108-1609 

https://g.co/kgs/5p4e41