お問い合わせはこちら
ブログトップ

しのぎを削るたたかい

私は、最近日本の歴史小説にハマっています。特に“織田信長”!

で、最近の私がよく見る言葉『しのぎ(鎬)を削るたたかい』・・・の意味について。

 一般的には、

 剣戟によって刀の鎬を削られる・・・そいう激しい戦いのこと

 と理解されています。 私は10年ほど前、

 刀剣商だか刀鍛冶だかよく判らないのですが、

 鎬を削る戦いとは、

 「激しい戦いにより刀が刃こぼれして、

 その刃こぼれを修復するために、鎬を削って鎬筋を峰側にずらす、

 そういう意味なんですよ。」と教わりました。

 ですから、包丁にしろ鉈にしろ刃こぼれをすれば、

 こぼれた分だけ鎬を削るように砥いでいます。

(鎬とは、この画像の切刃側の影になっている部分すべてを指します)